CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
平成26年3月で物資支援は終了しました。
これまでのご支援ありがとうございました。この3年間で約4600点の支援物資をお届けすることができました。

これからのうけいれ隊については これからのリンクをご覧ください。

これまでの活動の概要はこれまでのリンクをご覧ください。

保養所
かおりの郷を応援しましょう!!


うけいれ隊は、恒常的に保養ができる宿泊施設”かおりの郷”を運営している”福島の子どもたちを守る会・北海道”を応援しています。皆様のご協力をお願いします。

保養施設への募金と支援のお問い合せ先は、
”福島の子どもたちを守る会・北海道”のホームページ
をご覧ください。

うけいれ隊のfacebook(←クリックで移動します)も是非ご覧ください。

カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ
プロフィール

うけいれ隊さんの画像
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
http://www.ukeire2011.net/index1_0.rdf
http://www.ukeire2011.net/index2_0.xml
QRコード
活動日誌3月27日発信分 [2014年03月31日(Mon)]

1)3月の寄付金
3月にいただいた寄付金です。ありがとうございます。大切に使わせていただきます。
3月8日  6,000円 工藤浄代美様
3月20日 5,000円 佐藤真弓様
3月24日 4,920円 工藤浄代美様

2)リフレッシュ託児報告(報告:佐々木)
3月のリフレッシュ託児への参加者は6家族8名(11ヶ月〜3歳)、スタッフ9名が対応しました。
2013年5月から活動をスタートし、今年度の託児は事故も怪我もなく無事終了しました。いままでの参加家族は延べ70家族、子ども88名、対応スタッフ91名、総勢249名です。
継続的に動いているスタッフの8割以上が日常的に保育の仕事に関わっているプロ・ボランティアです。こどもの扱い方、事務的なこと、たくさん教わっています。
リフレッシュ託児は集団託児ですが、緊急の個人託児も必要に迫られて実施しています。SOS託児と名付けて極力対応しています。ボランティアでどこまでできるのか手探り状態です。札幌に親類縁者のいない母子避難で母が病気になる、出産する。日々の苦労がずっと続いてきたのだと改めて感じています。
スタッフを募集しています。負担がかからないように1ヶ月に1回の活動です。連絡は佐々木までお願いします。
電話:
090−7057−6336(3月31日まで)
090−6992−3350(4月1日から)
メール:ukeire2011@gmail.com
----------------------------------------------------------------
メール:ukeire2011@gmail.com 
フェイスブック:http://www.facebook.com/ukeire2011  
ブログ:http://www.ukeire2011.net
Posted by うけいれ隊 at 16:13 | 活動日誌 | この記事のURL | トラックバック(0)
活動日誌 3月22日発信分 [2014年03月24日(Mon)]

1)3月9日(日)キッズハウススタッフミーティング報告(担当:飯田)
キッズハウスは4月から「キッズハウスdaうけいれ隊」として活動を当面一年間継続していくことになりました。
毎月第1日曜日を実施日とし、第2土曜日18時半からはスタッフミーティングとして、都合のつくスタッフ全員参加での話し合いを行っていきます。
今回のミーティングでは前回のキッズハウスでの反省点を出して検討し合い、その後これまでの一年間を振り返って感じたことと、今後の一年について意見交換しました。
キッズハウスは毎月第1日曜日開催(申込み締切は前月第4金曜日)ですが、北海道NPO被災者支援ネットさんが4月から毎月1回発行する情報誌に、キッズハウスと「リフレッシュ託児」の情報を記したチラシを同封させていただく予定です。
 
2)3月14(金)〜16(日)
グリーフネットワーク全国集会(仙台)参加報告(担当:飯田)
うけいれ隊からの派遣というかたちで、私と三澤さん、佐藤さんが仙台で三日間行われた全国集会(研修)に参加してきました。
仙台には「子どもグリーフサポートネットワーク」の本部が駅前にあり、震災前から「遺児及び遺族の支援」を、震災後は急激に増えた「震災遺児及び遺族」中心の支援を行ってきました。
神戸、東京に続いて仙台にもレインボーハウスが完成し4月から稼働しますし、陸前高田と石巻も着工予定と聞いています。
 
全国集会では「グリーフサポート」の場を各地で行っている方々と交流・意見交換するとともに、子どもと寄り添うファシリテーターや場を統括するディレクターのスキルアップ研修、それに運営面においてもとても大切なことを多く学んできました。
特に、仙台での実際の「ワンデイプログラム」(子どもとお母さま別個)の一部始終を見ることができたのは、「百聞は一見に如かず」で実に多くの学びと気づきを得ることができました。
今回の研修は、「北海道グループ」「東京グループ」「福岡グループ」、「仙台・石巻・陸前高田」の地元グループが中心となりました。
また、レインボーハウスのスタッフの方々も参加しており、各地で多様なかたちでグリーフサポートに携わる方々の横のつながりを築けたことがなにより心強いことです。
また近々、福島でもグリーフサポートの場を作るための「ファシリテーター養成講座」を行うとのことです。

最後に、「子どもグリーフサポートステーション」代表の西田正弘さんが、下記新聞及び雑誌で紹介されています。ご覧になってみてください。
3月15日発行『THE BIG ISSUE』(札幌駅地下歩行空間に販売ブースあり)
3月20日発行『朝日新聞』(「ひと」欄)
----------------------------------------------------------------
ukeire2011@gmail.com 090-7057-6336
フェイスブック:http://www.facebook.com/ukeire2011  
ブログ:http://www.ukeire2011.net
Posted by うけいれ隊 at 10:10 | 活動日誌 | この記事のURL | トラックバック(0)
これからのうけいれ隊 [2014年03月14日(Fri)]

これから中.jpg
Posted by うけいれ隊 at 18:00 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
物資支援は3月5日で終了しました。 [2014年03月14日(Fri)]

これまで中.jpg
Posted by うけいれ隊 at 17:53 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
活動日誌 3月13日分 [2014年03月14日(Fri)]

うけいれ隊活動報告担当・飯田です。
これまで約3年間続いた会議(最初の頃は月2回、その後月1回)も先週土曜日で最後となりました。11名のメンバーの参加がありました。

うけいれ隊は、3つのチームが独立してゆるやかなつながりを保つ「コンソーシアム」というかたちで今後一年間活動を続けます。
その後は一年毎に活動を継続するかどうか検討していきます。

1「保養」…被災地の子どもたちの北海道滞在の受け入れ
代表:尾形 TEL:090-2699-3726 Eメール:ogatas922@gmail.com

2「リフレッシュ託児」…平日お母さまにリフレッシュしてもらうための託児
代表:佐々木 TEL:090-7057-6336 ※4月から変更:090-6992-3350
Eメール:ukeire2011@gmail.com

3「キッズハウス」…遊びを通して子どものグリーフ(喪失感)に寄り添う場
代表:飯田 TEL:090-8705-8847 Eメール:schoolhana@gmail.com

○ブログ・フェイスブックはこれまでと変わりません。
○ボランティアは随時募集してします。ボランティアメーリングリストに登録させていただきますので、「保養」の尾形まで連絡ください。

以下、活動報告(担当:佐々木)
----------------------------------------------------------------
1)3月の寄付金
3月にいただいた寄付金です。ありがとうございます。大切に使わせていただきます。
3月8日 8,000円 翼クラブ様 (いつもありがとうございます)

2)山鼻倉庫報告(報告:佐々木)
3月5日で倉庫のすべての品物がなくなり掃除をして鍵をかけました。うけいれ隊の物資支援が終了しました。
3年間でお届けした品数は4574品です。
2011年度:2771品(倉庫:旧豊水小学校体育館)
2012年度:1278品(倉庫:スタッフ自宅・星瑳グループ教室・アルファベットパステル倉庫)
2013年度:525品(倉庫:アルファベットパステル倉庫)
 
お届け品がぐっと少なくなった3年目の2013年度でも、倉庫を開けた回数は80回以上、200人を超える避難者さんが品物を受け取りに倉庫に来ました。
1年半倉庫を貸してくださったアルファベットパステルさん、倉庫に来た避難者さんの車が雪の轍にはまったとき、牽引して引っ張り出してくれ隣の事務所の方達、建物の管理人さんにもお世話になりました。ありがとうございました。

運搬ボランティアとして提供者さん宅、倉庫、避難者さん宅へと何度も品物を運んでくれた、堀口さん、大内さん、桑迫さん、川本さん、滝沢さん、田中さん、篤史君、そして急な搬送依頼にも応えてくれた「困ったときの白澤さん」
ありがとうございました。

4574品をお届けできたのは、良品を提供してくれた963人の札幌市民・道内市民・県外市民のおかげです。
企業からドンと品物をもらうのではなく、市民からいただこう、は活動スタートからのうけいれ隊の理念です。品物とともに、ひとりひとりの市民の「がんばってね」「手助けしたい」の気持ちをお届けしてきたつもりです。
避難者さんからお礼を言われるたびに、私達の後ろにはたくさんの善意の市民がいて、その代表として「ありがとう」を受け取っているのだと思ってきました。
提供者さん、本当に、本当にありがとうございました。

●避難者さん、一時保養支援団体、支援団体にお届け

2月28日
届け先:Aさん
提供品:ハンガー・薬・布地
提供者:札幌市民・北陸銀行さん・アルファベットパステルさん
北陸銀行さんからいただいた約400個の常備薬薬箱の最後の1個がもらわれて行きました。

2月28日
届け先:たんぽぽ苑
提供品:3段ブラスチックケース・シーツ・夏掛け
提供者:井澤さん・札幌市民
搬送者:尾本さん・佐々木
たんぽぽ苑は青少年自立援助ホームです。
義務教育終了後に、児童養護施設等を退所し、就職してもなお、援助の必要な15歳から20歳までの児童に共同生活を営むホームを提供しています。
避難者ではありませんが、シーツと夏掛けは提供者さんに確認のうえ新品をお届けしました。

2月28日
届け先:染め工房
提供品:大型ハンガーポール
提供者:アルファベットパステルさん
搬送者:尾本さん・佐々木
アパレルメーカーのアルファベットパステルさんからいただいた横幅150cmを超えるハンガーポールです。倉庫では選びやすいようにサイズ順にスキーウェアを掛けて使っていました。避難者宅には無理な大型サイズです。染め工房にお届けしました。

3月1日
届け先:Aさん
提供品:カーテン・都市ガス台
提供者:関口さん・伊賀さん・山崎さん・早坂さん・島田さん・光崎さん・うけいれ隊

3月1日
届け先:福島の子どもたちを守る会
提供品:チャイルドガード・プラスティックボックス・掛け布団カバー
提供者:札幌市民・高田さん

3月1日
届け先:チェルノブイリへのかけはし
提供品:木製箱・工具箱・カイロ
提供者:アルファベットパステルさん・うけいれ隊・札幌市民

3月3日
届け先:協働福祉会
提供品:台車(小)
提供者:うけいれ隊

3月4日
届け先:福島の子どもたちを守る会
提供品:台車(大)
提供者:うけいれ隊
---------------------------------------------------------------
以上です。(勿論、全てではありません)
ukeire2011@gmail.com 090-7057-6336
フェイスブック:http://www.facebook.com/ukeire2011  
ブログ:http://www.ukeire2011.net
Posted by うけいれ隊 at 17:13 | 活動日誌 | この記事のURL | トラックバック(0)
4年目の3.11 チカホパネル展に参加します。 [2014年03月10日(Mon)]

「4年目の3.11」
ありがとうさっぽろ、そして・・・ 〜それぞれの東日本大震災〜

日時:2014年3月10日(月)12時〜20時頃 
          11日(火)10時〜19時頃

場所:札幌地下歩行空間 北4条イベントスペース 
(札幌駅側より地下歩行空間に入りすぐ左)


●イベント内容/支援団体・避難者自助団体の活動案内、札幌市消防局・公益財団法人札幌市防災協会による防災案内 
●物販:「北海道ブックシェアリング」、「結☆結」
●ワークショップ:EN project「がれきっとフォト」
●展示:被災地写真(2013年以降撮影)
避難者データ推移、札幌の避難者動向、被災地の今・抱える課題等のパネル 
中学生からのメッセージ(かわはらしげお出前授業の感想)
●設置:市民からメッセージボード(ポストイットにメッセージを書いてもらい貼る)
●3月10日16時45分〜  札幌市消防局震災等災害時における協定調印式
●3月11日(火)14時46分 黙祷

主催:北海道NPO被災者支援ネット
後援/北海道
協力/札幌市消防局、札幌市防災協会

主旨:東日本大震災と福島第一原発事故が起きてから、被災地に向けた思い、行動、物資、義援金は、たくさんの支援の輪となり、とても大きなちからになりました。4年目を迎える今だから伝えられる「ありがとう」そして4年目を迎える今だから「知る」ことがあります。まだ、おわらない。だから、つづけている人がここにいます。

うけいれ隊もパネルを展示して、活動を紹介していますいます。
ぜひ足を運んでみて下さい。よろしくお願いします。

感謝web.jpg
Posted by うけいれ隊 at 05:35 | お知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
活動日誌2月分 [2014年03月01日(Sat)]

うけいれ隊活動報告担当・飯田です。
2月分の活動報告です。ご確認ください。

1)2月の寄付金
2月にいただいた寄付金です。ありがとうございます。
大切に使わせていただきます。

1月14日 10,000円 蓮沼様(いつもありがとうございます)
2月25日  6,000円 泉恵子様
2月25日  5,000円 佐藤雅四様
2月25日 12,000円 林崎高明様

2)リフレッシュ託児報告(担当:佐々木)

2月のリフレッシュ託児への参加者は6家族子ども8名(12ヶ月〜3歳)、スタッフ8名が対応しました。
3月は桑園と星園、6家族子ども8名を予定しています。
託児中に出会った、幼児を連れたお母さんから「ありがとうございます」と声をかけられました。
「なにか出来ることがあれば手伝いたいと思っていたけれど、育児で手一杯で」福島市出身の方でした。

香港出身のお母さんにも会いました。
「香港なら親せきみんなで子どもを育てる。
助けてもらえる。ここは夫と二人で大変」
小さな声の「手伝って」と落ち着いた声の「手伝うよ」が、もっと身近になるしくみは作れないものかと日々考えています。

3)山鼻倉庫報告(報告:佐々木)
うけいれ隊の活動内容が4月から変わります。
キッズハウス、リフレッシュ託児、一時保養は続けますが、物資提供は終了します。
新規に避難・入居する人が減ったので、物資の倉庫は3月いっぱいで閉じます。

札幌市民からいただいた品物を無駄にしないよう、引き取り手のいない品物は、欲しいものがあればどうぞと、一時保養を継続的に実施している団体に声をかけています。
バギー、チャイルドシート、離乳食時期用のハイローチェアは、一時保養で札幌に来た方に何度も貸し出しました。
一つ一つに思い出があります。
最後のバギーが搬出され、ああ、倉庫を閉めるのだと感慨ひとしおでした。
提供してくださった方に感謝感謝です。
倉庫はほとんど空っぽになりました。もうひとがんばりです。

●避難者さん、一時保養支援団体にお届け
2月15日
届け先:福島の子どもたちを守る会
提供品:布団カバー・敷布団・掛け布団・毛布・シーツ・枕・マットレス・バスタオル・タオル・鍋・食器・調理器具・座卓・衣装ケース・掃除機・その他たくさん
提供者:高田さん・岡田さん・鈴木さん・うけいれ隊・札幌市母と女性教職員の会・前田さん
搬送者:守る会・尾形さん

2月16日
届け先:Aさん
提供品:幼児用高さ調節椅子・小型ラジオ・幼児服・子ども服・子ども靴・炊飯器
提供者:安井さん・竹田さん・長谷川さん・札幌市民・丸藤さん
新規入居です。

2月17日
届け先:Aさん
提供品:電子レンジ・ハンガーポール・食卓テーブル+椅子6脚・座卓・ハンガーポール
提供者:避難者さん・前田さん
搬送者:協働福祉会さん
倉庫に品物を置けないので、提供者さん宅で下見をお願いして直送しています。
提供者さんにもご面倒をおかけしていますが、快く応じてくださっています。

2月18日
届け先:福島の子どもたちを守る会
提供品:ポータブル灯油ストーブ・電気ストーブ
提供者:姉崎さん
姉崎さん、たくさんのストーブありがとうございました。

2月19日
届け先:Bさん
提供品:衣装ケース(大小取り混ぜて)
提供者:新田さん・札幌市民

2月19日
届け先:Cさん
提供品:肌掛け・座卓・幼児用布団カバー・壁時計・まな板・衣装ケース・夏掛け・タオルケット・シーツ・敷き布団・食器カゴ・鍋・包丁・ザル・食器・毛布・掛け布団カバー・炊飯器3合・掛け布団・調理器具
提供者:札幌市民・田中さん・津田さん知人・鄭さん・佐藤さん・避難者さん・磯上さん・NPOピーチハウスさん・大杉さん・岡村さん・前田さん・うけいれ隊・札幌市母と女性教職員の会
搬送者:チェルノブイリへのかけはしさん
3月新規入居です。

2月19日
届け先:Dさん
提供品:冷蔵庫・洗濯機・オイルヒーター
提供者:避難者さん・中村さん・札幌市民
搬送者:富塚さん
こちらも3月入居です。

2月19日
届け先:協働福祉会
提供品:チャイルドシート
提供者:札幌市民

2月19日
届け先:チェルノブイリへのかけはし
提供品:ベビーチェア・おもちゃ・バギー・離乳食用品・乳児用衣類・掛け布団カバー・スキウェア・こども靴・子ども服・幼児服・大人服・ジュニアシート
提供者:中明さん・富山さん・避難者さん・長谷川さん・津田さん知人・小林さん・札幌市民・蓮沼さん・吉田さん・大杉さん・千葉さん
千葉さんからいただいたジュニアシートももらわれて行きました。
この3年、何度も何度も貸し出し・返却を繰り返したシートです。
千葉さんのお子さんもずいぶん大きくなっているはず。

2月20日
届け先:Eさん
提供品:子ども服
提供者:長谷川さん
搬送者:佐々木

2月21日
届け先:福島の子どもたちを守る会さん
提供品:ポリタンク・ポンプ・ストーブガード・バギー・子ども服・子ども靴・チャイルドシート・トランポリン・ハイチェア・食卓テーブル用子ども椅子・ベビーコッド(離乳食時期用)・幼児服・その他
提供者:避難者さん・上田さん・内田さん・板垣さん・早坂さん・スタッフ・小林さん・モノココさん・津田さん知人・長谷川さん
----------------------------------------------------------------
以上です。(勿論、全てではありません)
うけいれ隊が集める物資や人材の情報に ついては、以下のアドレスまでメール・電話お願いします。
ukeire2011@gmail.com 090-7057-6336
フェイスブック:http://www.facebook.com/ukeire2011  
ブログ:http://www.ukeire2011.net
Posted by うけいれ隊 at 17:50 | 活動日誌 | この記事のURL | トラックバック(0)